五月の終わり

 今年の五月は荒れ模様で、頚椎病みには過酷だった。

その分、晴れた日は格別の清々しさを味わえた。

 戯曲や作詞をやっていながら、小説を手がけると散文の難しさに苦労する。5月から始まったニコニコ動画の朗読用小説は、あらためて勉強になることが多い。

 戯曲のト書きはなるべく一行で済ませるべく書くので、

”振り向くと、中学時代からの共介のバンド仲間の少年たちが3人、由紀に手を振っていた。”と、情報を詰め込んで書いてしまった。

”振り向くと、少年たちが由紀に手を振っていた。恭介の中学時代からのバンド仲間だった。”と、情報を分けたほうが聴くほうは判り易い。

一回の朗読が12、3分で、400字の原稿用紙にして12、3枚。会話の方は問題ないが、地語りの部分では直したい箇所が随所に出てくる。一週間前に原稿を渡す約束は守っているのだが、渡したあとで”改稿”していると、本番前まで直し続けてしまう。

 一冊の本にまとめる時には、相当違った文章になっている気がする。しかし、書けなかった小説が書けるようになると思うと、この苦労も楽しい。ところが…

 昨日の本番後、麻草郁くんから、鋭い指摘を受けた。

「浮かんだ映像をそっくり文章にしようとしていませんか?それは、脚本の延長で、小説とは根本的に違うと思います」

 その通りだったので、赤面した。ぼくには小説は書けないのだろうかと一晩悩んだ。(まるで高校生ですな)

「それが悪いとは言いませんが、あなたはアイドルなんですよ、思考が」…アイドル、か。褒め言葉だと信じて、アイドル小説家めざして頑張ることにしよう!

 朝倉薫の少女人形舞台も、第四回目になります。6月2日は、是非メリーココへお越し下さい。13時半の始まりです。