明日は西へ

 雨は降ったり止んだり、ぼくは走ったり歩いたり、

なんとなく忙しくて、なんとなく寝不足で、

はっきりした原因はなく、焦燥感が胸を苛んで、

梅雨時だからと自分を慰めて、つとめて笑顔で、六月が終わった。

梅雨はいまだ明けず、大型台風の近づく予報。

 きっと西へ向かう頃には台風の真っ只中であろう。

それでもぼくは希望を抱いて 西へ向かう。

信じること。今はそれだけだ。