女優

 高校演劇時代のはるか昔から、劇団の修行時代、

そして劇団創設を共にした同士まで、あまたの女優に接してきた。

今日、18歳の新進女優の一人芝居旗揚げ公演に立ち会った。

初日の観客は多くはなかった。しかも、決して芝居がうまいわけではない。

しかし、劇場は熱気に包まれ、そこは新しい時代を切り開くであろう”女優”誕生の聖地であった。

1時間の一人芝居に、観客の誰もが、瞬きも忘れて見入った。

第二部の舞踊ショーに入るまえの10分間の休憩で、

何人かの観客と会話する機会があった。いずれも、ぼくと同じく言葉をなくしていた。

感動?衝撃?18歳? ある方がつぶやいた。

「これが、女優なんですね… 」

日曜日まで4公演、絶対観たほうがいい!

3年後、5年後、彼女はもっと上手くなっているだろう。

だが、今、このとき、18歳の女優が全身全霊で表現する舞台に、あなたも立ち会うべきだ。

尚、2部に友情出演する少女人形舞台の西本嬢、藤原嬢、柏木嬢、

こちらも宴では見ることのない別物の”魅力”を存分に発揮されていた。

1時間40分は、それこそ瞬く間であった。

観客の女性が、今感想は書けないから郵送します、と、アンケート用紙を持ち帰られた。