夢中で追いかけたのは…

ひと夏を費やして夢中で追いかけた映画作りの夢…

先日お会いした某出版社の若き社長が「人生でこれほど頭を下げ続けたことはなかったです」

と、経営陣のトップになった感想をつぶやかれた。

ぼくも、心で同感!と、喝采してしまった。

このひと夏で今までの人生分(数えるほどしかないが)の何倍も、何十倍も、

ぼくは会う人ごとに頭を下げ続けた。それは、一心に映画を作りたかったからだ。

プロデュースまで引き受けたのは、本当に作りたい映画があったからだ。

残念ながら、夏の話なので製作は年を越すことになってしまった。

今、その作品の小説にとりかかった。小説が先に出てもおかしくはないはずだ。

夢中で追いかける先に何があるかはわからない。

それでも、ぼくは追いかける。

水に潜るのが大好きな少女の話。彼女は18歳、ギターを弾いて歌う。

アプネア~風の生まれる森~

 風は森で生まれ、旅に出てめぐり合う、あなたに、何処かで… 

本業である舞台も、11月公演「ビデオショップドリーミング~ニューヨークの魔女」の稽古が始まった。

こちらも夢中で稽古を続ける。もちろん、竹内緑郎も毎日歌いつづける。 

月見団子

 今年こそ中秋の名月を楽しもうと思ったが、東京の空は低い雲で覆われてしまった。

台風も近づいているらしい。

ぼくは、長野のOさんから頂いた白土のじゃがいもを蒸かしている。

バターと塩と砂糖で味付けして、マッシュポテトにして掌にころがる大きさの団子を作り、

オーブンで外側をこんがり狐色に焼く。おいしい月見団子の出来上がり。

このブログに写真を載せられなくなって久しい。傑作が載せられないのは残念だ。

スタッフの方にシステムの改良をお願いしているのだが、まだ解決していないようで…。

中秋の名月が拝めないなら、せめて月見団子を食べて夜を過ごそう。

長野のOさんには毎年季節折々にじゃがいもや果物をいただいている。

ひとり暮らしには多すぎるので、知人友人にお裾分けをして喜ばれている。

全国各地、いや地球の裏側からも頂き物をする。

ぼくに出来るお返しは歌と演劇しかない。

喜んでいただける作品を、精一杯作り続ける。

そろそろ稽古に入らねば!

 11月13日初日を迎える銀座みゆき館劇場公演「ビデオショップドリーミング~ニューヨークの魔女~」、

今回も素敵な魔女にめぐり合えて面白い舞台になりそうだ。

”最愛のフィアンセが遠い国の戦争から骨になって帰ってきたことでこの世のすべてを呪い悪魔に魂を売ったイメルダは、

ニューヨークの下町でビデオショップを営んでいる。

優しく美しい彼女は、アルバイトの女の子たちの憧れだった。

だが、彼女は恐ろしい悪魔のしもべ、少女たちの夢でパンパンに膨らんだハートを悪魔に捧げるのが使命だったのだ。

と、まあ、妖艶な演技と歌、そして華麗なダンスが要求される難役 。

その魔女役には、往年のアイドル原めぐみ嬢が決定。往年のアイドルと呼ぶのは失礼で、

バリバリの 現役で活躍されているシンガーである。

稽古に入るのが待ち遠しい。

その前に片付けなければならない裏方仕事がいくつもある。

それも楽しんでやれたら、素敵なことだ。