旅の季節

 五月は旅の季節。

旅の途中で、和歌山紀美野町に在る”りら創造芸術学園を紹介してもらった。のどかな山あいで、年間40回を超える舞台芸術発表をしているという高校生の顔は生き生きと輝いていた。

 短い時間だったが、朝倉メソッドを紹介して、昼食は生徒たちと同じメニューを食べさせていただいた。校長先生の笑顔も素敵だった。

 毎年秋に開催される世界民族際には、20カ国3000人以上が集まるらしい。再訪を約束してりらをあとにした。紹介してくれたSさんに感謝である。

 旅には面白い出会いが待っている。偶然を装った”あらかじめ定められた出会い”と思える、お互いに旧知の仲だったような出会いは心が温かくなる。りら創造芸術学園は、そんなところだった。